ドラキュラ伯爵が再び蘇る『蒼いくちづけ』

2008年に宝塚歌劇団花組で上演された宝塚バウホール開場30周年 バウ・ワークショップ『蒼いくちづけ』−ドラキュラ伯爵の恋−。演出家は小池修一郎さんでした。1987年に紫苑ゆうさんを中心とした星組で上演された作品の再演でした。2パターン上演され、真野すがたさんと朝夏まなとさんの主演で上演されました。1幕では、1887年にロンドンを訪れたドラキュラ伯爵が、ウェステンラ家の長女ルーシーと恋に落ちます。ドラキュラ伯爵はヘルシング教授により灰にされます。2幕は1987年になっており、ウェステンラ家のヴィーナスがドラキュラ伯爵の灰に血を落としたことから、ドラキュラ伯爵が蘇ります。
ドラキュラ伯爵を真野さんと朝夏さんが演じました。ルーシー・ウェステンラとヴィーナスの二役を華耀きらりさんと月野姫花さんが演じました。ヘルシング教授を紫峰七海さんと望海風斗さんが演じました。
ウェステンラ家の家庭教師ジョナサン・ハーカーを扇めぐむさんと鳳真由さんが演じました。キレイモ 顔脱毛