今日も、サクサク一つずつこなす生活的必要タスク!

この頃はやること三昧でなかなかゆっくり休むに休めない、自分の時間を作るに作れない日々が続いてしまっています。だけどそれで、だから私は不幸なんだー!とは思わなくなった自分がいることがふしぎでもあります。そうそう思い通りに事が運ばれるわけではないのもまた人生という、ひとつの成長かもしれません。
さて、そんなプロセスの中、お給料日や病院での検査、そして支払い関係整理という大きなタスクを複数抱える今日でしたが、すべてはトントン拍子に順調に進んでいきました。病院を終えてから郵便局、支払いという具合に淡々とステップを踏んでいき、今日のマルチタスクとどれぐらい丁寧に一つずつ向き合っていけたかは分かりませんが、それでも自分なりによくやったんだなと思います。
そんなこんなであっという間にもう今日が終わろうとしており、明日の仕事を挟んで明後日は午前中開庁している市役所での用を済ませることと、午後は自治体が主催する格安がん検診を控えています。その後には社内イベントワークや、身内での法要が待っています。
大きなイベントがひっきりなしにたくさんあり、何かと大変ですが、やることいっぱいだなあと言いながらもきっと乗り越えられると思います。今日は大仕事を終えてからお昼下がりに仮眠時間を取ったせいか、あまり「ああ疲れたあー!」という感じはせず、むしろ「よくこなした、よくやった、大きなひと仕事が終わったぞ、ありがとうみんな、ありがとう私」という達成感や安心感のような感覚や感謝の気持ちの方が大きいです。
街のスーパーであったり、必要な医療であったり、たまたま病院の待合室でとなりにいたことで会話を交わし合った知らないおばちゃんだったり、会社のあの人やこの人だったり、いつもお顔を見かけるたびにご挨拶を交わし合うご近所さんや地域の人々だったり、ややもするとこの記事を読んでくれている画面の向こう側にいるお顔も知りえない人たちだったりと、一番近くにいる夫のひたむきな毎日の働きはもちろんのこと、いつもどこかで誰かが支えてくれていることに気づかせてもらいながら、私も誰かの役に立ちたくて、今日も成長を求め続けています。大変なことがあるからこそ、何だか自分自身や生きているということがもうひとたび愛おしくなった今日でした。